<< みるちゃんの準備 | top | 必ず来るその日のために >>

終わりよければ・・

みるちゃんを失ったことは大変悲しいことですが(lostではなくてmissという気持ち)、ほんとうに悔いの残らない終わり方だったので、運命なんて言葉は好きではないけれど、何か不思議な力にひっぱられたような気がしないでもありません。

■運転免許

・8年前、D動物病院で避妊手術を受けたあと、帰りのタクシーがなかなか捕まらなくて、病院へ行くのに不便だから運転免許を取ろうと思い、三十路も終わる頃に何とかAT限定免許を取りました。
その後、近くの病院へ移ったので、病院へ行くための免許が必要ということもなかったなと思っていたのですが、最後に具合が悪くなってD動物病院へ駆け込んだとき、オヤジは仕事中だったので私の運転で運ぶことができたのでした。

■最後の旅行

・夏休みに行った長野県戸隠の蕎麦屋「うずらや」さん。
秋の新そばを食べに行きたいねという話をしていたら、クララ家が近くのペンションを貸切予約して         予定を組んで下さり、10月に1泊で行くことができました。
あとでクラママさんに聞いたら、「どうしても行かなあかんと思ってん」とおっしゃっていましたが、お誘い頂かなければ、夏に行ったところだったので自分で予約してまで行くことはなかったと思います。
みるちゃんにとって、それが最後の旅行になりました。

・夏休みに泊まったお宿のオーナーさんが、妙高高原のゴンドラは犬と一緒に乗れて景色も良いと教えて下さったので、「来年の夏の旅行の時に乗ろう」と思っていました。
その後、癌がわかり、来年の夏の旅行はないかも。。と思っていたので、我が家だけ別行動で真っ先に乗りに行き、きれいな景色を堪能して夏の心残りをなくすことができました。
http://www.akr-sky.com/



 景色を見るのが大好き


いつも長野県に行くときは中央道で往復するのに、この時はどうしても新潟経由で金沢をまわって、どーりー君に会って帰りたいと思いました。
どりままに連絡するとその日は法事とのことでしたが、ご迷惑な話とわかりつつもどうしても!と思い、終わるのを待つからとお願いして、法事帰りのどーりー家とお会いすることができました。
長いおつきあいのどーりー君と、最後のお別れをすることができました。

 嬉しそうなどりち。


■お店まわり

10月9日 長野旅行の前にドッグサロンBeeさんでトリムをお願いしました。
もう10年に及ぶお付き合いの、みるちゃんカットをして下さるBeeママさん。
帰り際、これで最後になったりして。と笑いながら言ったことが本当になってしまったけれど。
 
 このお尻がキュート♪

10月16日は長野旅行、24日は少し遠いのでなかなか行けなかった琵琶湖の北岸にあるR CafeでPe家とランチ。
犬用ミートローフを食べて、琵琶湖をウロウロして、隣の席の人に可愛いと言われて、ずっと嬉しそうでした。

 
11月6日(土)は病院の上にある、2歳の頃から通っていたドッグカフェブルスケッタへ。
快気祝いにたくさんのオヤツを頂いて、みるちゃん大喜び。

11月7日(日)はしょっちゅう通っていたCafe Helloへ。
 
 パンを頂けますか?

11月14日(日)はニンナナンナさんで、念願のワンバーグ「大」を食べさせることができました。(Booだからいつもは小。)お庭では、誰よりも元気にマーキングして小走りでウロウロしっぱなしで、オヤジの膝ではこんな嬉しそうな顔。


手作りのリバティワンピを着てゴキゲン

11月20日(土)は抜糸が終わったその足で、通いなれた松尾園芸に行って、手術をがんばったご褒美にワッフルをごちそうすることに。
隣の席にいたおばさんにかわいいねぇと撫でてもらい、昔うちにいた犬もここのワッフルが好きだったのと言われました。
みるちゃんもここのワッフルが大好きだったよね。


冷えるからカートの中で食べたの

松尾園芸を出た後、帰宅するつもりでいたら、オヤジが小浜(日本海)に行くと言い出しました。
抜糸でかなりの時間待たされて疲れていたので、一瞬いやだな・・と思ったのですが、そのまま黙って日本海へ。
道中の公園で嬉しそうに走ったり、小浜港をご機嫌で散歩したり、すっかり暗くなった帰り道は、後部座席から助手席にやってきたので、ずっと家までダッコで帰りました。
膝の上で窓の外を眺めたり、途中のコンビニで買ったパンを一緒に食べたり、私の脇に鼻を突っ込んで寝たり、べたべたの甘えた犬タイムを楽しみました。

  マーキングを堪能

11月21日(日)は近所の大きな公園、西京極総合運動公園で長いお散歩をのんびり楽しんで。

 笑いながら走ってる


子犬の頃から一番通った公園。

夜は、いつものテーブルではなく、ちゃぶ台で、ふぐのお鍋。
みるちゃんも横に座っておねだり&ふぐを頂きました。一緒にお鍋を食べたのも久しぶり。

11月23日(火)は、琵琶湖のビュルツブルグでランチのあと、みるちゃんの一番好きな、なぎさ公園でお散歩&小走り。
この日は寒かったので、オヤジはニンナナンナさんがいいと言ったのだけれど、みるちゃんの好きな公園に連れて行く!と琵琶湖行きを主張して、これが本当に最後のお出かけとなりました。


 手編みのセーター。

特に危機感を感じていたわけではなく、何となくその日、気の向いたところへ行っていただけなのに、こうして振り返ると、行き付けのところに最後の挨拶まわりに行ったような感じになっていました。
若い頃から何度もお友達と遊んだなぎさ公園で楽しそうに歩く姿を、これまたたまたま動画にとっていて。
普段、動画なんて撮らないのに、なぜ撮ったのかはわからないのだけれど。

琵琶湖の帰りに近所のスーパーに寄って、車で待っているみるちゃんのために焼き芋を買って、家までの道中、一緒に食べました。
少し休憩してから最後のお風呂に入れて、お休みは終わりました。

11月25日(木)。いつも通り出勤したものの、途中で自転車のチェーンが壊れてしまい、動かなくなりました。
自転車屋さんも開いていない時間のため、会社に午前半休の連絡をして自転車を引いて帰宅。
まだ目も完全に覚めていないし、ちょっとお昼寝して1時ギリギリに行けばいいや。と、大歓迎してくれるみるちゃんと一緒にベッドに戻りました。
帰宅したのが9時前だったので、ベッドの上で、Xmasパーティに着せる予定のセーターを編んでいると、毛糸の上に乗ってきたり、真正面から顔を覗き込んだり、やたらと絡んでくるみるちゃん。
仕方なく手をとめて、抱っこしたりナデナデしたり甘やかしタイムを堪能させました。
うっとりと目を閉じて、プフーと鼻を鳴らしたり、もっと!と前足をバンバン叩いたり、それはそれは楽しいひとときを過しました。

11月26日(金)の朝、雨が降ったりやんだりの天気だったのでお散歩はやめようか。と一瞬思ったものの、少しだけ気分転換に歩かせようと外に出ました。
いつものコースをまわり、マンションの入り口まで来たところで急に立ち止まって前の国道を振り返り、ぼーっと見ていたみるちゃん。
何を見ているのか気になったものの、出勤時間が迫っていたため抱きあげて帰宅。
これが最後のお散歩となりました。

11月27日(土)、夕方、病院へ面会に行ったときは横になったままだったけれど喜んでバタバタしてくれていました。
10分くらいずっとナデナデしていたら、気持ちよさそうにウトウトし始めたので、明日のお昼に迎えにくるからお留守番しててね、いい子ね、と言って帰りました。
後を追うこともなく眠っていたようだったのでそのまま帰宅。それが最後に触ったみるちゃんでした。

こうして振り返ってみても、何の悔いも残らない2ヶ月弱の時間。
特に癌がわかってからは、毎日甘やかしてナデナデして好きなものを食べさせて。
金曜日の仕事帰りに寄ったスーパーでは、お刺身用のお魚が半額だったので購入。
最後の食事は、そのお魚を炒めたものを、嬉しそうに完食。
ラムちゃんも1週間前に取り寄せたところで、2つ食べられたしね。

最後にあれをしておきたかった。。ということが何もない、充実した2ヶ月でした。

milkichi3 | みるちゃんの思い出 | 23:19 | comments(5) | - | - | - |
Comment
pingaさんの悔いのない気持ち、
みるちゃんの写真の幸せに満ちた顔を見ていると、わかるような気がしました。
私も今やっと涙なしでこちらのサイトを見られるようになりました。
みるちゃんの笑顔のおかげかな。

母が毎日みるちゃんのことを話しています。
このサイト、やめないで続けてくださいね。
お願いします。

日記を見れば、かわいいみるちゃんにいつでもあうことができるから。。。

みるちゃんが大好きだから。。。

posted by どんたろ ,2010/12/27 12:42 AM

とかなんとか言っておきながら、やっぱり涙が。。。

posted by どんたろ ,2010/12/27 12:46 AM

何回読んでも泣けます・・・
もう多分自分では、ここまで絶対できないだろうと思う愛情のかけ方と、最後まで計り知れないようなお二人とみるちゃんの関係が泣けてしょうがないです。

忘れていたやさしい気持ちをココにくることで呼び戻せる自分がいます。なんといっていいのか・・・

みるちゃん依存症なのかも
会ったことはないけど、毎日楽しみにしていたHPを未だに日々の習慣で開いては涙して

ここ数年で一番泣いたかな

本当に最後まで楽しいステキな笑顔のワンちゃんでしたね

やっぱり大好きだ

posted by まさお ,2010/12/27 1:34 PM

最後の旅にも、最後のニンナナンナにもご一緒できて、大好きな鮎手作りご飯も食べてもらえて、私もクラパパもうれしかったし、クララも私たちもそのときのみるちゃんのこと、忘れることはないです。
うれしそうな表情と動きをみせてくれたのが、最後の姿。忘れることはできないです。
わたしも「やっぱり大好き」です。

posted by クラママ ,2010/12/28 9:05 AM

みるちゃん
京都旅行を計画しつつも実現できず、お会いすることはできませんでしたけれど、HPを拝見するのが日課でした。
みるちゃんを見ると思わず微笑んでしまう、こんなにお出かけ出来て幸せなワンコだなぁと思っていました。

この世でパパさんやママさんに出会えて本当に良かったね。

今はお空の上からしっかり見守ってくれている事でしょう。

「みる吉たいむす」のおかげで家に来て下さるようになった方々もあり、本当に感謝しております。

やっぱり1度会いたかったです。

posted by すのママ ,2011/01/05 5:47 PM











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS