<< 【5.急変】 | top | 【7.復活】 >>

【6.退院】

 11月2日(火)

さすがのオヤジも仕事を早退、こちらも5時ダッシュで帰宅しお迎えに。
カラーは外されており、少し落ち着いていたものの、相変わらず立てない、
というか、フラフラした感じで身体が左へ倒れこむ。

下痢や嘔吐もあったらしく、持参の敷物は洗濯してあった。
先生を待つ間、看護師のお姉さんがお尻をシャンプーしてくれる。

立てない・左へぐるぐる回る理由は不明。
入院前から耳の具合がかなり悪かったせいかもしれない。
帰りの車の中でもぐるぐる左へ回るというか、這う姿が異様。

帰宅してすぐベッドに置くと、すやすやと眠りについた。
ただ、歩けないのにトイレに行こうとして、転ぶ音で夜中何度も起こされる。
頻尿も血尿もあまり変わりないが、とにかく生きて帰ってくれたことに感謝。


11月3日(水)

祝日なので2人ともお休み。
相変わらず歩けないので、トイレまで抱いていき、身体を支えてやると
おしっこをする。

頭では動けるつもりなのか、歩こうとしてはあちこちに身体をぶつけるので
銀マットを壁に張り付け、ラグ類はマスキングテープで床に貼り付ける。

食欲はなさそうだったので、かつお節でダシをとった薄い卵かゆを作ると
少し食べた。吐くこともなく下痢もなし。
夕方、病院で点滴をしてもらう。



バイトリル、塩化リゾチーム、プレドニゾロン、プロナミド


11月4日(木)

仕事休み。相変わらず歩けないが少しおかゆを食べたので
暖かい13時過ぎ、気分転換にいつものお散歩コースへ連れていくと
ヨロヨロしながら歩きだした!

すってーん!という感じですぐ左へ倒れるので、身体を支えてやりながら
マーキングのお手伝い。生き生きとして嬉しそう。

室内ではあいかわらずヨロヨロで、トイレへ行こうとして何歩か歩いては
すってんころりんと転び、倒れたまま失禁。。
本犬も申し訳なさそうな顔をしているので、おしっこできてエライねーと
褒めながら急いで濡れたお尻やシッポを拭く。

食欲はほぼ戻って、ササミのおかゆをお茶碗いっぱい食べる。

11月5日(金)

仕事休み。少し足取りはしっかりしてきたものの、
とにかく左へ頭も身体も傾いているので、すぐ倒れる。
象が死ぬときみたいな倒れ方で、ちょっと怖い。

部屋中にトイレシートをマスキングテープで貼り付け
どこで倒れて失禁しても大丈夫な状態にする。

夜、仕事帰りの焼売かあちゃんがお見舞いに来てくれた。
トイレシートとおしっこだらけだったので、玄関での面会になったが
大喜びでナデナデしてもらっていた。
頂いたクリームパンも目の前でぱくぱく食べた。

milkichi3 | 通院記録 | 00:26 | comments(0) | - | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS